HOME > ご利用方法 > 必要な設備

必要な設備

当社の製品は業務用のホイロ前冷凍パン生地ですので、焼成には以下の設備が必要です。

保存するための設備―ストッカー

当社の冷凍生地は、-18℃設定の温度の安定した冷凍庫で保管してください。
冷凍生地は、アイスクリーム同様に一度解凍すると再冷凍しても商品とはなりません。
そのため、他の一般的な冷凍食品に比べ厳しい保存管理が必要です。
良い状態で保存すれば3ヶ月は安定した製品を焼くことができます。

発酵させるための設備―ホイロ(発酵機)

当社の冷凍パン生地は一部を除き、焼成前に発酵させる必要があります。
温度と湿度を管理できる製パン用の発酵機(ホイロ)をご用意ください。
冷凍庫(-20℃前後)から発酵機(30℃前後)までの温度帯をタイマーで管理できる
「ドーコン」を使用すれば、生地の管理がより簡単になります。

加熱するための設備―オーブン・フライヤー

フランスパンやカンパーニュをきれいに焼成するには、スチームの出るパン用のデッキオーブンが必要です。
クロワッサンなど小型のパンであれば、コンパクトなコンベクションオーブンで焼成することも可能です。

この他に、ドーナツやカレーパンを揚げるためにはフライヤーが必要です。

その他に必要な設備―冷蔵庫・作業台・ラック・秤

上記の他に、生地を成型するときに使う秤や作業台、
フィリングやその他の材料を保管しておくための冷蔵庫、
焼成後のパンのあら熱をとるためのラックなどが、 パンを作る作業に必要な設備です。